介護事業所検索 介護サービス情報公表システム

東京都

ライフサービス ぱーとなー

サービスの内容に関する写真
記入日:2020年11月11日
介護サービスの種類
訪問介護
所在地
〒188-0011 東京都西東京市田無町3-3-7 海老沢第1ビル303
連絡先
Tel:042-452-9323/Fax:042-451-9140

1.事業所を運営する法人等に関する事項

法人等の名称、主たる事務所の所在地及び電話番号その他の連絡先
法人等の名称 法人等の種類 営利法人
(その他の場合、その名称)
名称 (ふりがな) ゆうげんがいしゃゆぴてる
有限会社 ユピテル
法人番号の有無 法人番号あり
法人番号

1012702010167

法人等の主たる
事務所の所在地
〒188-0004
東京都西東京市西原町4-3-49-12-709
法人等の連絡先 電話番号 042-451-9121
FAX番号 042-451-9140
ホームページ あり
http://www.ls-partner.jp/
法人等の代表者の
氏名及び職名
氏名 満岡 弘雄
職名 代表取締役
法人等の設立年月日 2003/01/06
法人等が当該都道府県内で実施する介護サービス
介護サービスの種類 か所数 事業所等の名称 (主な事業所1箇所分を記載) 所 在 地 (主な事業所1箇所分を記載)
<居宅サービス>
訪問介護 あり 1 ライフサービス ぱーとなー 東京都西東京市田無町3-3-7 海老沢第1ビル303
訪問入浴介護 なし
訪問看護 なし
訪問リハビリテーション なし
居宅療養管理指導 なし
通所介護 なし
通所リハビリテーション なし
短期入所生活介護 なし
短期入所療養介護 なし
特定施設入居者生活介護 なし
福祉用具貸与 あり 1 ライフサービス ぱーとなー 東京都西東京市田無町3-3-7 海老沢第1ビル303
特定福祉用具販売 あり 1 ライフサービス ぱーとなー 東京都西東京市田無町3-3-7 海老沢第1ビル303
<地域密着型サービス>
定期巡回・随時対応型
訪問介護看護
なし
夜間対応型訪問介護 なし
地域密着型通所介護 なし
認知症対応型通所介護 なし
小規模多機能型
居宅介護
なし
認知症対応型共同
生活介護
なし
地域密着型特定施設
入居者生活介護
なし
地域密着型介護老人
福祉施設入所者生活介護
なし
看護小規模多機能型居宅介護
(複合型サービス)
なし
居宅介護支援 あり 1 ライフサービス ぱーとなー 東京都西東京市田無町3-3-7 海老沢第1ビル303
<介護予防サービス>
介護予防訪問入浴介護 なし
介護予防訪問看護 なし
介護予防訪問
リハビリテーション
なし
介護予防居宅療養
管理指導
なし
介護予防通所
リハビリテーション
なし
介護予防短期入所
生活介護
なし
介護予防短期入所
療養介護
なし
介護予防特定施設
入居者生活介護
なし
介護予防福祉用具貸与 あり 1 ライフサービス ぱーとなー 東京都西東京市田無町3-3-7 海老沢第1ビル303
特定介護予防福祉
用具販売
あり 1 ライフサービス ぱーとなー 東京都西東京市田無町3-3-7 海老沢第1ビル303
<地域密着型介護予防サービス>
介護予防認知症
対応型通所介護
なし
介護予防小規模
多機能型居宅介護
なし
介護予防認知症
対応型共同生活介護
なし
介護予防支援 なし
<介護保険施設>
介護老人福祉施設 なし
介護老人保健施設 なし
介護医療院 なし
介護療養型医療施設 なし

2.介護サービスを提供し、又は提供しようとする事業所に関する事項

事業所の名称、所在地及び電話番号その他の連絡先
事業所の名称 (ふりがな) らいふさーびす ぱーとなー
ライフサービス ぱーとなー
事業所の所在地 〒188-0011 市区町村コード 西東京市
(都道府県から番地まで) 東京都西東京市田無町3-3-7
(建物名・部屋番号等) 海老沢第1ビル303
事業所の連絡先 電話番号 042-452-9323
FAX番号 042-451-9140
ホームページ あり
http://www.ls-partner.jp/
介護保険事業所番号 1375400205
事業所の管理者の氏名及び職名 氏名 梅田 友理子
職名 管理者
事業の開始年月日若しくは開始予定年月日及び指定若しくは許可を受けた年月日
(指定又は許可の更新を受けた場合にはその直近の年月日)
事業の開始(予定)年月日 2003/04/01
指定の年月日 2003/04/01
指定の更新年月日(直近) 2015/04/01
生活保護法第54条の2に規定する介護機関(生活保護の介護扶助を行う機関)の指定 あり
社会福祉士及び介護福祉士法第48条の3に規定する登録喀痰吸引等事業者 あり
事業所までの主な利用交通手段
西武新宿線田無駅北口から徒歩で5分
高齢者の方と障害者の方が同時一体的に利用できるサービス あり

3.事業所において介護サービスに従事する従業者に関する事項

職種別の従業者の数、勤務形態、労働時間、従業者1人当たりの利用者数等
実人数 常勤 非常勤 合計 常勤換算
人数
専従 兼務 専従 兼務
訪問介護員等 5人 2人 39人 20人 66人 26人
(うちサービス提供責任者) 5人 2人 0人 7人 7人
事務員 0人 1人 0人 0人 1人 0.04人
その他の従業者 0人 1人 0人 0人 1人 0.04人
1週間のうち、常勤の従業者が勤務すべき時間数 40時間
※常勤換算人数とは、当該事業所の従業者の勤務延時間数を当該事業所において常勤の従業者が勤務すべき時間数で除することにより、当該事業所の従業者の人数を常勤の従業者の人数に換算した人数をいう。
従業者である訪問介護員等が有している資格
延べ人数 常勤 非常勤
専従 兼務 専従 兼務
うちサービス提供責任者 うちサービス提供責任者 うちサービス提供責任者
介護福祉士 5人 5人 3人 2人 19人 0人 16人
実務者研修 0人 0人 0人 0人 7人 0人 1人
介護職員初任者研修 0人 0人 0人 0人 12人 0人 3人
訪問介護員養成研修に相当するものとして都道府県知事が認めた研修の修了者 0人 0人 0人 0人
管理者の他の職務との兼務の有無 あり
管理者が有している当該報告に係る介護サービスに係る資格等 あり
(資格等の名称) 介護福祉士
訪問介護員等1人当たりの1か月のサービス提供時間数(要介護者) 91.9時間
従業者の当該報告に係る介護サービスの業務に従事した経験年数等
区分 訪問介護員等
常勤 非常勤
うちサービス提供責任者
前年度の採用者数 0人 0人 5人
前年度の退職者数 0人 0人 1人
当該職種として業務に従事した経験年数
1年未満の者の人数 0人 0人 5人
1年~3年未満の者の人数 1人 1人 6人
3年~5年未満の者の人数 0人 0人 11人
5年~10年未満の者の人数 0人 1人 18人
10年以上の者の人数 7人 6人 18人
※経験年数は当該職種として他の事業所で勤務した年数を含む。
従業者の健康診断の実施状況 あり
従業者の教育訓練のための制度、研修その他の従業者の資質向上に向けた取組の実施状況
事業所で実施している従業者の資質向上に向けた研修等の実施状況
(その内容) 2020年 *1月、2020年事業方針・年間研修計画・倫理・法令遵守・プライバシーの保護(専門職としての基本姿勢とは) *2月、接遇・緊急時対応・リスクマネージメント「介護現場」 *3月、リスクマネージメント「事故予防」(資料配布のみ) *4月 感染症(資料配布のみ)、*5月、認知症について(資料配布のみ) *6月、ウイズコロナ・アフターコロナ *7月、「ユピテル教育セミナー」労災と自転車保険 *8月、防災についてDVD鑑賞「大変動期」*9月、「ケアプランの内容を通して自立支援を考える」 *10月、福祉用具の理解(DVD鑑賞含む)「スライディングボード」 *11月、「介護技術(痰吸引と経管栄養をハイブッリトシュミレーターで勉強)」予定 ※6月以降は会場の人数制限を受けて再開しています。
実践的な職業能力の評価・認定制度である介護プロフェッショナルキャリア段位制度の取組
アセッサー(評価者)の人数 4人
段位取得者の人数 レベル2① レベル2② レベル3 レベル4
0人 0人 0人 0人
外部評価(介護プロフェッショナルキャリア段位制度)の実施状況 なし

4.介護サービスの内容に関する事項

事業所の運営に関する方針
利用者様の自立支援と生活の質を向上すること。そのためには介護サービスの質を向上すること。介護サービスの質の向上を図るために、職員研修やケースカンファレンスを充実させること。などを、最優先の目標にした事業運営を行っています。
介護サービスを提供している日時
事業所の営業時間 平日 9時00分~18時00分
土曜 9時00分~18時00分
日曜 0時分~0時分
祝日 9時00分~18時00分
定休日 毎週日曜日および12月30日~1月3日
留意事項 24時間、365日営業時間外でも連絡可
サービスを利用できる時間 平日 6時00分~22時00分
土曜 6時00分~22時00分
日曜 6時00分~22時00分
祝日 6時00分~22時00分
留意事項 深夜(22時~6時)の訪問介護については応相談
事業所が通常時に介護サービスを提供する地域
西東京市内
介護サービスの内容等
介護報酬の加算状況(記入日前月から直近1年間の状況)
特定事業所加算(Ⅰ) ※体制要件、人材要件及び重度対応要件に適合 あり
特定事業所加算(Ⅱ) ※体制要件及び人材要件に適合 なし
特定事業所加算(Ⅲ) ※体制要件及び重度対応要件に適合 なし
特定事業所加算(Ⅳ) ※体制要件及び重度対応要件に適合 なし
緊急時訪問介護加算 あり
生活機能向上連携加算(Ⅰ) あり
生活機能向上連携加算(Ⅱ) なし
介護職員処遇改善加算(Ⅰ) あり
介護職員処遇改善加算(Ⅱ) なし
介護職員処遇改善加算(Ⅲ) なし
介護職員処遇改善加算(Ⅳ) なし
介護職員処遇改善加算(Ⅴ) なし
介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ) あり
介護職員等特定処遇改善加算(Ⅱ) なし
通院等乗降介助の実施 なし
頻回の20分未満の身体介護の実施 なし
介護サービスの利用者(要介護者)への提供実績(記入日前月の状況) ※総合事業利用者は含めないこと
身体介護中心型の1か月の提供時間 2,209時間
生活援助中心型の1か月の提供時間 182時間
通院等乗降介助中心型の1か月の提供回数 0回
利用者の人数
(通院等乗降介助中心型の利用者を除く)
要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5 合計
91人 53人 35人 23人 26人 228人
(前年同月の提供実績) 85人 55人 39人 18人 24人 221人
利用者等からの苦情に対応する窓口等の状況
窓口の名称 ライフサービス ぱーとなー
電話番号 042-452-9323
対応している時間 平日 9時00分~18時00分
土曜 9時分~18時00分
日曜 時分~時分
祝日 9時00分~18時00分
定休日 日曜日および12月30日~1月3日
留意事項 24時間、365日,いつでも連絡可能な体制を整えています。
介護サービスの提供により賠償すべき事故が発生したときの対応の仕組み
損害賠償保険の加入状況 あり
介護サービスの提供内容に関する特色等
(その内容) ・利用者様の自立や生活の質を向上する為、職員全員が学べる環境を作り、学んだ知識と技術を活かして良質なサービスを提供できるようにしています。
・食事、排せつ、入浴、更衣、口腔ケア、移動を代表する身体介護や、調理、掃除、洗濯、買物を代表とする生活援助のみではなく、フットケア、ポイントメイク等の福祉美容や、看取りケアなどについても学んでいる。又、痰の吸引と経管栄養の勉強会はハイブッリットシュミレーターを導入し、体の仕組みを理解しながら技術向上の為努力しています。階段昇降機や移乗介助用のリフトなどの福祉用具の操作技術を習得しヘルパーが操作できることで、階段昇降や移乗が困難な利用者様の“出来ない”を“可能”にするお手伝いをしております。
利用者等の意見を把握する体制、第三者による評価の実施状況等
利用者アンケート調査、意見箱等利用者の意見等を把握する取組の状況
(記入日前1年間の状況)
あり
当該結果の開示状況 あり
第三者による評価の実施状況等(記入日前4年間の状況) あり
実施した直近の年月日
(評価結果確定日)
2019/9/20
実施した評価機関の名称 公益財団法人長寿社会文化協会
当該結果の開示状況 あり
http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/controller?actionID=hyk&cmd=hyklstdtldigest&BEF_PRC=hyk&HYK_ID=2016002991&HYK_ID1=&HYK_ID2=&HYK_ID3=&HYK_ID4=&HYK_ID5=&JGY_CD1=&JGY_CD2=&JGY_CD3=&JGY_CD4=&JGY_CD5=&SCHSVCSBRCD=&SVCDBRCD=&PTN_CD=&SVCSBRCDALL=&SVCSBRCD=004&AREA1=&AREA2=&AREA3=&HYK_YR=&SCHHYK_YR=&NAME=&JGY_CD=1322900225&
当該結果の一部の公表の同意 あり
評価機関による総評
事業所のコメント
※第三者による評価とは、提供する福祉サービスの質を事業者及び利用者以外の公正・中立な第三者機関が専門的かつ客観的な立場から行った評価をいう。(事業所内で行う内部監査や行政による指導監査は含まれない。)
※評価機関による総評、事業所のコメントは「福祉サービス第三者評価に関する指針」(平成26年4月1日付け雇児発0401第12号、社援発0401第33号、老発0401第11号厚生労働省雇用均等・児童家庭局長、社会・援護局長、老健局長連名通知)別添5「福祉サービス第三者評価結果の公表ガイドライン」で示される、「⑥総評(特に評価の高い点、改善を求められる点)」及び「⑦第三者評価結果 に対する施設・事業所のコメント」に相当するもの。

5.介護サービスを利用するに当たっての利用料等に関する事項

介護給付以外のサービスに要する費用
利用者の選定により、通常の事業の実施地域以外で当該介護サービスを行う場合、それに要する交通費の額及びその算定方法
公共交通機関等を利用した場合は、その実費をいただくことにしています。
利用者の都合により介護サービスを提供できなかった場合に係る費用(キャンセル料)の徴収状況 あり
(その額、その算定方法) 利用者様の都合で、ご利用の前日の営業時間内までにキャンセルの連絡がなかった場合は、2000円/1回をいただいています。(急な体調不良によるものは例外とする。)
社会福祉法人等による利用者負担軽減制度の実施の有無 なし