介護事業所検索 介護サービス情報公表システム

東京都

ライフサービス ぱーとなー

サービスの内容に関する写真
記入日:2020年11月11日
介護サービスの種類
訪問介護
所在地
〒188-0011 東京都西東京市田無町3-3-7 海老沢第1ビル303
連絡先
Tel:042-452-9323/Fax:042-451-9140
※このページは事業所の責任にて公表している情報です。

サービスの内容に関する写真

  • サービスの内容に関する写真
    常にマスクで感染予防対策。
  • サービスの内容に関する写真
    -
  • サービスの内容に関する写真
    喀痰吸引の勉強のためのハイブッリトシュミレーターです。

受け入れ可能人数

  • 受け入れ可能人数/最大受け入れ人数
    30/320人
  • 最大受け入れ人数320人中、現在の受け入れ可能人数30人です。
    (2020年11月09日時点)

サービスの内容に関する自由記述

通常行っている身体介護・生活援助は基より多様化するご利用者様のニーズに答えられるよう、フットケア・口腔ケア・福祉美容(丁寧な整容)・看取りケア等の技術を有する人材の育成に努めています。又、痰吸引や経管栄養はハイブッリトシュミレーターで勉強を行っています。そしてご利用者様のQOL向上の為、生活環境にも目を向け、階段昇降機や浴槽リフト・移乗用リフト等の福祉用具を積極的に導入し直ぐに要望に応えられるよう操作技術を習得しております。又、福祉用具の使用技術をご利用者ご家族にも指導し、より多くのご利用者様が自宅に引きこもることなく、自由にそして安全に活動できるような生活圏域拡大と自立(自律)に向けた取り組を行っています。

サービスの質の向上に向けた取組

サービス提供責任者が中心となり、毎月一回介護職員が全員集って研修する「ぱーとなーの集い」や、少人数制で専門知識を学ぶ研修として、・医療の研修(看取りケア、痰の吸引・経管栄養等の医療行為について)・介護技術研修(自立を促す身体介護、福祉用具の使い方)・認知症研修(NHK放送大学の「認知症と生きる」)・福祉美容(フットケア、化粧療法、丁寧な整容)を実施しています。また、医療研修は、NHK放送大学の「基礎看護学」「在宅看護論」や、優美記念財団の在宅医療テキスト及び動画を活用したレベルの高い研修を行っています。これらの取り組みにより当事業所では、平成27年から特定事業所加算Ⅰ・処遇改善加算Ⅰを、令和元年から特定処遇改善加算Iを取得しております。さらに、非常勤訪問介護員の直行・直帰によるサービス提供責任者~非常勤訪問介護員の間の情報共有不足を解決するため、MCSを活用して素早い状況報告と情報共有が可能となり、大きな成果をあげています。

取組に関係するホームページURL

賃金改善以外で取り組んでいる処遇改善の内容

-

併設されているサービス

【高齢者サービス】  【障害者サービス】
居宅介護支援     居宅介護
福祉用具貸与     重度訪問介護
特定福祉用具販売   同行援護
住宅改修       移動支援・生活サポート

サービスの内容に関する動画へのリンク

はっぴーカフェ
平成28年12月より、毎月第二水曜日は地域貢献を目的とした「はっぴーカフェ」を開催しています。 当事業所の利用者様や、地域の方々が参加し交流が出来るよう、職員一同趣向を凝らした企画を考えています。開催当初の参加者は2~3人でしたが現在は10名を超え、この日を楽しみにして下さり、家から外に出るきっかけづくりのお手伝いをしています。ご利用者様の生活に彩を添えることが出来るといいなと考えております。暮らしのお悩み、介護保険についてなど気軽に相談を受けています。※今年度は新型コロナウィルス感染予防の為に、3月~8月は中止となりました。9月には少人数で開催し、リモート参加も試みました。今後は感染状況を確認しながら開催は検討して行きます。

保険外の利用料等に関する自由記述

当社が提供可能な介護保険外サービスについては、気軽に利用したいという利用者様の要請に応えるため、一般生活援助:1000円/30分、QOL向上生活援助:1500円/30分の料金で提供しています。(夜間.早朝25%増し、深夜50%増し)

従業員の情報

  • 従業員の男女比

  • 従業員の年齢構成

従業員の特色に関する自由記述

従業員の約7割が介護福祉士です。「東京都介護職員等によるたんの吸引等実施のための研修(特定の者対象)」を受講修了者が5割です。看取りを伴うような困難な事例に対しても積極的に取組んでいくチャレンンジ精神と、痰の吸引や経管栄養などの介護職でも可能な医療行為を、多くのスタッフが出来るように勉強しています。福祉用具の使用として、操作技術の必要となる階段昇降機や移乗リフトなどの操作を行えるスタッフが多くいます。従業員の中には、美容師や栄養士・歯科衛生士・運動指導員など介護以外の資格を持っている者もおり、仕事の上で困った時にはアドバイスを受けられる環境です。

利用者の情報

  • 利用者の男女比

  • 利用者の年齢構成

利用者の特色に関する自由記述

総合事業と要支援・要介護、そして障害者総合支援まで、様々な支援を必要としている利用者様がいます。一人暮らしの方や老人世帯、また多くの家族がかかわる世帯と、利用者様を取り巻く環境も様々です。最近では、最後まで住み慣れた我が家で過ごしたいとの想いから、難病の方(筋委縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症等)を含め、痰の吸引や経管栄養をしながら自宅での看取りケアを希望される利用者様も多くなってきました。障害者総合支援では、居宅介護と重度訪問介護および同行援護サービスを提供しています。また、地域支援事業サービスも実施しており、障害を持つお子さんの移動支援と生活サポートサービスを提供しています。

事業所の雇用管理に関する情報

勤務時間

正社員の勤務時間は、9時~18時。非常勤社員の勤務時間は、本人とよく話をして本人が最も働きやすい時間帯を決め、基本的に、週に1回報告書を事業所に提出し、通常は地直行直帰のスタイルで仕事をしてもらっています。年1回訪問介護員とサービス提供責任者との面接を行っている。正社員、訪問介護員は有給休暇を取得します。

賃金体系

当社の非常勤訪問介護員の平均時給は2,800円(令和2年年9月分)です。その他加算あり。

休暇制度の内容および取得状況

非常勤の介護員は、休暇希望の10日ほど前までに休暇届を提出すれば、希望の休暇を取ることができる。
3日~20日の有給休暇が付与されている。(勤務日数・時間による)

福利厚生の状況

毎年2月または3月に健康診断を行っています。インフルエンザ予防接種希望者には一律2000円の補助あり。

離職率

離職率:1.5%
内訳:1年間の離職者数1人、在職者数66人
計算式:1.5%=1人÷66人×100
2020年11月1日時点

その他

2020年4月からは新型コロナウィルス感染予防として東京都の助成を受け、アルコール、マスク、グローブ、フェイスガード、ガウン、アルコール除菌ティッシュを介護職員全員に順次配布しました。